スイス・引越し日記 6月30日(金)



昨日6月29日、前のアパートで、不動産屋と次の借主一家に会った。

アパートの引継ぎ手続きだ。


まず、不動産屋のお兄ちゃんが、リストの沿って、水がちゃんと出るかとか、
オーブンはきれいでちゃんと稼動するかなど、アパート中をチェック。


借主夫婦は、もう15年以上スイスに住んでいると言う、東ヨーロッパ出身者。
そして、今年から幼稚園に通う男の子。


不動産屋に言わせると、アパートの引渡し状態は完璧ではなかったものの、
借主さんたちは、了承してくれた。


何が足らなかったかと言うと・・・。

1.蛇口や石鹸皿にこびりついているカルキが完璧に取り除かれていない。
2.カーペットを特別な掃除機で水洗いしていない。
3.欠けている電気のスイッチのカバーを取り替えていない。

などなど。

借主夫妻は、『自分たちでやるからいいよ、料金もいただかない』と
言ってくれていたが、不動産屋の取り計らいで、

敷金から100フラン、借主夫妻に支払うことになった。


これらをとっくるめて、100フランなんてこちらも望む限りだ。


でも、これから、10日間、新入居者はアパートの不具合をクレームでき、
修理が必要な場合は、敷金からでるようだ。


これは、てっきり不動産屋が支払うのかと思っていた。

新アパートで、窓やら修理してもらったが、これは前借主が払ったのだろうか・・・。


不動産屋のお兄ちゃんは、自分もバケーションに入るから『約1ヶ月後に
敷金の残高を計算するよ』とのんきだ。


実は、敷金(家賃1か月分)を支払った記憶はない。


残高が戻ってくるのではなく、請求書が来るのではないかと思っている。

スイスの貴子をフォローするスイスの貴子をフォロー!  twitterへRTする  




Copyright (c) 2005-2012 Takako スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。