スイス発! なんでも情報通信 〜 第162号 - 日本人として引け目?



スイス旅行生活・生口コミ情報  〜  2009年06月02日


こんにちは!貴子です。


前号の「スイスであった日本語での教育セミナー」のお話で、
「日本人なのが引け目」という部分に随分反響がありましたよ。


お便りをいただいた皆さんにお返事ができてなくて申し訳ないです。ふらふら



個人的には、日本は誇れるし、
日本人なのが恥ずかしいと思ったことは一度もありませんが、
あの話をしてから、自分の行動でピンとくるところがありました。


先月ベルンの展示会場で毎年恒例の大きなメッセがあったのですが
再入場したい場合、出口でセキュリティの人から緑色の紙切れをもらい、
それを提示して再入場するようになっていました。


緑色の紙切れには、アルファベット1文字が印刷されていて、
多分1日共通のアルファベットだったのでしょう。



メッセの入り口を監視していたセキュリティの人たちの対応も
マチマチだったようなのですが、

前にいた白人男性は緑色の紙切れを手に素通り。
セキュリティは、男性を傍目に数人でおしゃべりを続けてました。

その後を行く私を見てセキュリティの1人は
『double take』し、私が手にしていた緑色の紙切れを
もぎ取るように取り上げアルファベットを確認していました。むかっ(怒り)



〔 『double take』とは?

答えはこちら↓
取り戻そう! 英語力 〜 第189号 - double take』 〕



即座に私は、「私がアジア人(外見外国人)だから、
今日のアルファベットかどうか確認したのだろう」と思いました。


スイスで「差別」を受けたことはないと思っていますが、
考えてみると、こういう「外見でこういう対応を受けたのだろう」と
思うことは珍しくはないです。バッド(下向き矢印)


これも一種の「引け目」なのかな〜と改めて思いました。あせあせ(飛び散る汗)





   ※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※





話変わって、全仏テニス、見てますかexclamation&question

スイスのテニススター、ロジャー・フェデラー、これを逃すと
パリでの優勝の機会は二度とないかも知れませんよね。わーい(嬉しい顔)

誰もが優勝を疑わず、5連勝を狙っていた、ラファエル・ナダル
まさかの不敗。


昨日、アンディ・マリーも敗れたので、
フェデラーの敵はいないも同然ですよね。


ロジャー・フェデラーは歴代優勝回数記録にも一歩前で、
全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンのグランドスラムの中で
パリだけ優勝がないんですから、今回優勝するとダブルで記録になります。



それに、長年裏方でサポートしている彼女とも
結婚したばかりで夏には男の子も生まれるんですよね。


ここ最近、スランプぽかったので、今回は沸かせてもらいたいものです。


がんばれ!ロジャー・フェデラー〜かわいい




   ※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※





● 『スイスからニュースをお届け!』も、ご活用ください。
http://switzerland.seesaa.net/


● 『スイスアルプス!ベルナーオーバーランドのアルプス山脈
http://xn--cckd6dbb3p9e.meblog.biz/
( http://スイスアルプス.meblog.biz/ )


● スイスの動画を公開しています!
http://youtube.com/SwissTakako


● 『取り戻そう! 英語力』で、実用英語のワンポイントレッスン!
http://engrish.seesaa.net/





   ※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※





今号も、ご購読ありがとうございました!! m(_ _)m
スイス発 貴子より


ミクシィ プロフィール: http://mixi.bz/506  (要ミクシィログイン)
「スイスのメルマガ読んでるよ」ってマイミクシィリクエスト待ってます キスマーク



このメルマガは、こちら↓でもご覧になれます!
http://swiss.seesaa.net/article/120746732.html

スイスの貴子をフォローするスイスの貴子をフォロー!  twitterへRTする  

タグ: ラファエル・ナダル 外国人 人種 差別 日本人 ロジャー・フェデラー フランス パリ 全仏 テニス スイス



Copyright (c) 2005-2012 Takako スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。